例外なく飲酒は肝臓を傷め、黄疸の一因になります。

総ビリルビンの数値は、肝臓に大きく影響されます。
その肝臓の働きを低下させてしまう、お酒。
ですが、肝臓のために一滴も飲まないで!とは言いません。

 

なんでかというと、摂取量さえオーバーしなければ、
お酒は、身体によいものとされているからなんです。

 

【一日のアルコール摂取量】
では、どのくらいが一日に飲んでも大丈夫な、アルコール摂取量かというと、
25グラムといわれており、おおよそですが、
ビールだと中ビン(5度)1本分=500ml
日本酒だと(15度)一合=180ml
焼酎だと(25度)半合=90ml
このくらいが一日に飲んでも大丈夫なアルコール量です。

 

この一日の摂取量を守れば、善玉コレステロールを増やしてくれて、
動脈硬化が起こりにくくなると言われているんですよ。
脳卒中、虚血性心疾患の予防にもなるからびっくりですよね。
また、血行もよくなります。

 

このように、一日の摂取量さえ守っていけば、
お酒は私たちにとっていいものになります。
ですが、それをこえてしまうと、危険なことが体でおこってしますのです。

 

【飲みすぎると危険】
アルコールを飲みすぎてしまうと、体にさまざまな害を与えてしまいます。
こちらでは、肝臓への影響について説明させていただいているので、
肝臓への影響を書かせていただくと、
脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変などになってしまうことがあるのです。

 

【なぜ、アルコールは肝臓に悪いか】
なぜ、アルコールは飲みすぎてしまうと、
肝臓に悪影響をあたえてしまうのでしょうか。
簡単に説明させていただくと、
肝臓でアルコールが体にとって無害な物質にかえられるからなんです。
そして、水、二酸化炭素になって体の外へでていくんです。
アルコールを飲みすぎなければ、
この作業もスムーズに行われるので問題はありません。

 

ですが、アルコールを飲みすぎてしまうと、
アセトアルデヒドという有害物質が、大量に発生してしまうんです。
そして、すばやく処理したい有害物質ですが、
なかなか処理できずに肝臓に長時間いすわることになるのです。

 

また、二日酔いもこのアセトアルデヒドが、長時間のこっているためにおこります。
そして、肝臓の働きを弱め、脂肪の分解がおくれ、
中性脂肪の原因となる脂肪酸がつくられていくのです。

 

そうなることによって、肝臓には中性脂肪が多くなってしまいますよね。
この結果、どうなるかというと、脂肪肝になってしまうんですよ。

 

これだけでは、終わらないんです。
脂肪肝になってしまったうえに、また、
アセトアルデヒドを大量に摂取してしまうと、アセトアルデヒドが、
細胞を壊し始めてしまいます。
すると、肝硬変にもなってしまうんですよ。

関連ページ

タバコは黄疸に影響をあたえるの?
黄疸の種類その原因。医学的メカニズムなど、このサイトだけで黄疸の全てを知ることができます。黄疸を自分で改善しようとおもっている方は必見です!