タバコの影響は肝臓細胞破壊→肝機能低下→ビリルビン上昇→黄疸となる。

みなさん、タバコを吸うと肝臓の機能が低下してしまうことは、
ご存知ですか?
タバコに含まれている、「ニコチン」。
このニコチンが、肝臓の本来されるべき機能を低下させるのです。
そんな、タバコと肝臓についての説明をさせていただきます。

 

【タバコが肝臓に与える影響】
「ニコチン」
ニコチンは依存症にさせてしまう、物質なのはよく耳にしますよね。
それだけではなく、血管の収縮、血液をドロドロにさせてしまいます。

 

そして、一般的に約2時間程度で血液中のニコチン濃度が
半分になるといわれています。
そうなっていくと、タバコを吸うことが習慣になっている方は、
ニコチンの濃度がさがってくることで、
ニコチンの依存性の成分で、タバコがすいたくなってくるんです。
なので、血液中につねにニコチンがある状態になってしまいます。

 

そして、どんどん肝臓に負担をかけていってしまうことになるのです。

 

「タール」
タールには、発がん性が強いことはご存知の方もおおいはずです。
また、タバコを吸う人は二日酔いが長引く人が多いのはご存知ですか?
その原因がタールにあったのです。
アルコールにはアセトアルデヒドという、有害物質が含まれていますが、
この、アセトアルデヒドを無害である、酸素と二酸化炭素にし
体の外へ出していくのですが、
この作業をタールが妨げてしまうのです。
そうなることによって、有害物質が体の中に長時間滞在してしまうことになります。
そして、二日酔いも長引き、肝臓に負担をかかえてしまうのです。

 

 

これだけでなく、タバコに含まれている有害物質
ニトロソアミン、ベンツピレン、一酸化炭素、シアン化水素、窒素化合物
これらも、肝臓で処理されるのです。
これだけの、有害物質を処理するとなるともちろん、
肝臓への負担はものすごい大きな負担となっていくんですよ。
また、肝臓だけでなく体全体に害を及ぼすタバこですよね。
百害あって一利なしの言葉が、ものすごく響いてきます。

 

生活習慣見直してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

飲酒は黄疸に影響ない?!いいえ、あります。
黄疸の種類その原因。医学的メカニズムなど、このサイトだけで黄疸の全てを知ることができます。黄疸を自分で改善しようとおもっている方は必見です!