黄疸と深いかかわりがあるビリルビン。なんでビリルビンが高くなると黄疸がでるの?

【ビリルビンと結石の関係】
ビリルビンと結石には深い関係性があるのはご存知でしょうか。
胆嚢の周りに結石ができてしまうと、胆汁の流れがわるくなってしまいますよね。
そうなってくると、外に排出されるはずの総ビリルビンが、
血液中に逆流してしまい、ビリルビンの数値がたかくなってしまうのです。

 

そして、胆嚢の周りに出来る結石には、いくつかの種類があり、
結石の種類によって、どう治療していくかも変わってくるのです。
ちなみに、結石と聞くと
尿路結石などを想像する方がほとんどではないでしょうか?
実は、尿路結石とはまったく別ものなんですよ。
今から、説明させていただく結石は、
胆嚢の周りに出来てしまう、結石についての説明です。

 

【結石の種類】
「胆石」
胆石とは、胆嚢、胆管内にできてしまった、結晶のことをいいます。
胆嚢にできてしまった場合は、「胆嚢結石症」。
胆管にできてしまった場合は、「総胆管結石症」。
肝臓内の胆管にできてしまった場合は、「肝内結石症」となります。
そして、日本人が一番できやすい結石が、
胆嚢結石になります。
これは、約80%もの割合をしめるのです。
・病気
胆嚢にできた結石が、胆管に流れてしまうことによって、
胆管がふさがれてしまい、細菌感染や、黄疸などの病気を発症してしまうのです。

 

・原因
胆嚢結石の60%がコレステロール胆石と考えられます。
胆管結石はカルシウム・ビリルビン結石がおもです。
これらの、コレステロールやビリルビンなどが
過剰に胆汁にいってしまい、溶けきれなくなってしまうことで、結石ができてしまいます。

 

・症状
胆石が胆管につまってしまうと、疝痛があります。
食事の後30〜2時間の間に、
右上腹部に、痛みがでてくるのにくわえ、吐き気、嘔吐を発症します。
また、右上腹部を押したときに痛みがでてくるのも特徴です。
そして、胆管がつまり、感染がはじまると、
発熱や、黄疸の症状がでてくるのも特徴です。

 

つまり、総ビリルビンが体内に多くなりすぎると、
結石もできやすくなってしまうということになります。

 

・治療
「生活習慣」から変えていくことも、大切なことになってきます。
症状がみられない胆嚢結石の場合は、
まず、生活習慣をみなおしていきましょう。
治療の必要もありません。
脂っこいものを控えることで、症状を控えることができます。

 

「手術、薬」
痛みが繰り返し起こってしまう、
胆嚢結石の場合には、薬で石をとかしたり、石を砕く方法をとったりします。
それでも、ひどい場合は手術をして胆嚢を摘出したりもします。
胆嚢を摘出する手術も、医療の進歩のおかげで
患者さんの体への負担も大幅に少なくなったんですよ。
ですが、胆嚢を摘出することになってしまうので、
体の代謝がわるくなってしまう原因になってしまいます。

 

このようなことにならない為にも、
日ごろから肝臓に良い生活習慣、食事をすることで、
総ビリルビンの数値を上げないことが大切です。

 

そして、総ビリルビンや肝臓に気を使った生活をすることで、
今まで以上に健康的な体になるはずです。

 

 

ビリルビン解説サイトはこちらがお勧め!!
【ビリルビンを下げる方法】